ITSSとは

ITスキル標準(以下、ITSS)は、IT情報産業の生産性向上を目指し、質の高いプロフェッショナルを養成するために経済産業省が定めたスキルレベルの指標です。

ITサービスを、11職種35専門分野に定義し、縦軸に個人の能力や実績を7段階のレベルで設定しています。

ITSS 研修ロードマップ

当社では、ITSSの職種/専門分野のレベル毎に上位レベルにスキルアップするためには、どのような研修コースを受講すればよいのかを体系化した「研修ロードマップ」を作成しています。

ITSS(職種)一覧

アプリケーションスペシャリストコース一覧ロードマップ

業務に関するユーザーの要望を分析し、会計や顧客管理、製造や販売など適用業務アプリケーションの設計、構築、導入、テストを行なう技術者。また、業務パッケージのカスタマイズ、機能追加、導入および保守を行ないます。

ITスペシャリストコース一覧ロードマップ

システム上の課題を解決するために必要なコンポーネントの設計、構築および導入を行なう、ITシステム基盤の基幹を担う技術者。(コンポーネントとは、プラットフォーム、データベース、ネットワーク、分散コンピューティング、セキュリティなどのシステム構成要素)

セールスコース一覧ロードマップ

顧客(特定、不特定)を開拓し、リレーションを維持します。また、顧客の経営方針を確認し、その実現のための解決策の提案や、ビジネスプロセス改善支援、ソリューション/製品の提案や販売を行ないます。

このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク