相手に伝わる文書とはどういったものか。ビジネスパーソンでも苦手な方が多い「議事録作成」を通じて、読み手に伝わる文書の書き方と、必要な情報をインプットする方法を学びます。
コース名 ロジカル・ライティング
コースコード THI003
対象 ○ 相手に分かり易く、伝わるビジネス文書を作成したい営業・エンジニアの方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ 読み手に伝わる文書の内容をロジカルに理解する。
○ 文書作成に必要な情報のインプットの仕方を理解する。
○ 議事録の効率的、効果的な作成方法を理解する。
コース概要 ○ オリエンテーション

○ ロジカルライティングとは
  - 論理的な文書を作成するために
  - 文書を書く目的は
  - 誰のために書くのか

○ ビジネス文書の作成ポイント
  - フレームワークを利用する
  - 6W2Hを意識する
  - 正しく表現する
【演習】発言録を議事要約録へ変換する
  - IT会社の障害対策会議の内容をまとめる

○ 文書を作成するのに必要な情報を取得する
  - 議事録作成を通じて学ぶ
  - アウトプットを意識したインプットの仕方を学ぶ
【演習】会議の議事内容を聞き取り、議事録を作成する

○ ふりかえり
前提条件 ○ 特にありません。
関連コース
下位コース
上位コース
日数 1日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 43,200円(本体価格: 40,000 円)
注意事項 *スケジュールにつきましてはお問い合わせください。
*受講料の( )内は税抜き本体価格です。
*受講料金にはテキスト代が含まれております。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク