問題を論理的に解決するためのロジカル・シンキングを実際に使えるようになるためのコースです。
ロジカル・シンキングに必要な思考方法、代表的なツールの一つであるロジックツリー、フレームワークを使って、事例演習をすることでロジカル・シンキングを使うためのポイントをつかんでいただきます。
本コースは演習中心に進めます。(講義2:演習8)
コース名 ロジカル・シンキング基礎
コースコード THI002
対象 ○ 論理的に問題解決を図りたい方。
○ ロジカル・シンキングが何かを知りたい方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ ロジカル・シンキングを使用した問題解決のステップを理解する
○ 問題解決のステップに必要な思考法を理解する
○ ロジカル・シンキングを容易にするためのロジックツリーを使えるようになる
○ ロジカル・シンキングを容易にする代表的なフレームワークを理解する
○ フレームワークの一つであるSWOTを使えるようになる
コース概要 ○ 問題解決とロジカル・シンキング
  -問題の定義
  -問題解決のステップ
  -ロジカル・シンキング

○ 問題解決のステップで必要な思考法
  - ゼロベース思考
  - 仮説思考
  - オプション思考

○ ロジカル・シンキングを容易にするロジックツリー
  - ロジックツリーとは
  - WHYツリー
  - HOWツリー

【事例演習】B社のケース
  - WHYツリーの作成
  - HOWツリーの作成
  - 解決策に対する評価

○ ロジカル・シンキングを容易にするフレームワーク
  - フレームワークとは
  - SWOT
  - 3C
  - PEST
  - ファイブフォース
  - バリューチェーン
  - 7S
  - 成長ベクトル
  - PPM
  - BSC

【事例演習】A社のケース
  - SWOT分析
  - ダブルSWOTによる解決策の立案
  - 解決策に対する評価

○ロジカル・シンキングのポイント
  - 問題解決のステップを守る
  - 3つの思考を活用する
  - ロジカル・シンキングの本質を理解して活用する
前提条件 ○ 特にありません。
関連コース
下位コース
上位コース
日数 2日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 86,400円(本体価格: 80,000 円)
注意事項 *受講料の( )内は税抜き本体価格です。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク