Javaにおけるエンタープライズ開発の標準技術である「Java EE」。その中でもWebアプリケーション開発の中核技術となるJPA・JSF・CDIの基礎について、実際にプログラムを作りながら学習します。3日目はほぼ1日演習で、実践力を身に付けます。最新の「Java EE 7」に対応しています。
コース名 【Java EE 7対応】 JPA・JSF・CDIによるWebアプリケーション開発
コースコード JVP021
対象 ○ Java EEを初めて学ばれる方。
○ JPA・JSF・CDIについて深く学習したい方。
○ Strutsなどのフレームワークから、 Java EEへの移行を検討されている方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ JPAを利用して永続化層を作成できる。
○ JSFを利用してプレゼンテーション層を作成できる。
○ CDIを利用してビジネスロジック層の作成および各層の連携ができる。
コース概要 ○ Java EE 7とは
 - Java EE 7の概要
 - Java EE Webアプリケーションのアーキテクチャ
 - 対応しているアプリケーションサーバー
 - GlassFishのインストールと環境設定
 
○ JPAによる永続化層の作成
 - JPAの概要
 - JPAプロジェクトの作成とエンティティの自動生成
 - 検索・追加・更新・削除の実行
 - エンティティのライフサイクル
 - エンティティに付加するアノテーション
 - テーブルの自動生成
 - エンティティのリレーションシップと結合
 - カスケード戦略
 - JPQLの基本構文
 - JPQLによる結合とコンストラクタ式
 - フェッチ戦略とN+1問題対策
 - ネイティブSQLの利用
 - 名前付きクエリの利用
 - Criteria APIの利用
 - 同時実行制御とロック
 - コールバックとリスナ
 - JPAとBean Validation
 
○ JSFによるプレゼンテーション層の作成
 - JSFの概要
 - JSFで「Hello World」
 - JSFの動作の仕組み
 - リダイレクトとFlashによる画面遷移
 - タグライブラリ
 - 標準Converterによる入力値の変換
 - Converterの自作
 - 標準Validatorによる入力検証
 - Validatorの自作① 検証メソッドの作成
 - Validatorの自作② Validatorクラスの作成
 - アノテーションによる入力検証(Bean Validation)
 - 検証アノテーションのカスタマイズ
 - Managed Beanでの入力検証
 - 画面テンプレートの作成
 - Ajaxによる非同期通信
 - WebSocketによるリアルタイム通信
 - JSFカスタムコンポーネントライブラリ

○ CDIによるビジネスロジック層の作成と各層の連携
 - CDIの概要
 - JNDIコネクションプーリングの設定
 - CDIによる各層の連携
 - InterceptorによるAOP
 - JTAによるトランザクション管理

○ 総合演習(3日目全て)
 - JPA・JSF・CDIを利用したWebアプリケーション開発
前提条件 ○ 「Javaプログラミング3 サーブレットとJSP」を受講済み、または同等の知識がある方。
○ StrutsやSpringなどフレームワークの経験があることが望ましいですが、必須ではありません。
関連コース
下位コース Javaプログラミング3 サーブレットとJSP
上位コース
日数 3日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 129,600円(本体価格: 120,000 円)
注意事項 *スケジュールにつきましてはお問い合わせください。
*受講料の( )内は税抜き本体価格です。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク