JavaでWebアプリケーションを開発する際の基幹技術である、サーブレットとJSPについて学びます。「サーブレット 3.0」に対応しています。
コース名 Javaプログラミング3 サーブレットとJSP
コースコード JVP013
対象 ○ JavaでのWebアプリケーション開発技術を学びたい方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ サーブレット・JSPを利用して、基本的なWebアプリケーションを作成できる。
コース概要 【1日目】
○ Webアプリケーションとは

○ サーブレット
 - APサーバーのインストール
 - サーブレットの作成、動作の仕組み
 - 日本語の表示、値の入力
 - サーブレット 3.0の新機能

【2日目】
○ JSP
 - JSPの作成、動作の仕組み
 - ディレクティブ、スクリプトレット、コメント
 - 暗黙オブジェクト

○ サーブレットとJSPの連携
 - フォワード
 - 値の受け渡し
 - リダイレクト
 
【3日目】
○ セッション管理

○ フィルター

○ アプリケーションのデプロイ

○ 発展事項(シングルインスタンス・マルチスレッドなど)

○ 総合演習
 - データベースと連携したWebアプリケーションの開発
前提条件 ○ 「Javaプログラミング2 標準APIとデータベース連携」を受講済み、または同等の知識がある方。
関連コース
下位コース Javaプログラミング2 標準APIとデータベース連携
上位コース Javaプログラミング4 フレームワーク
【Java EE 7対応】 JPA・JSF・CDIによるWebアプリケーション開発
日数 3日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 84,240円(本体価格: 78,000 円)
注意事項 *スケジュールにつきましてはお問い合わせください。
*受講料の( )内は税抜き本体価格です。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク