Javaに標準で用意されているAPIについて、頻出の機能を中心に学びます。「Java 7」で追加された新機能も豊富に扱います。
コース名 Javaプログラミング2 標準APIとデータベース連携
コースコード JVP012
対象 ○ Javaの標準APIの活用方法を学びたい方。
○ Javaでのデータベース連携を学びたい方。
○ Java 7で追加された新機能を学びたい方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ 標準APIの各機能を利用できる。
○ Javaを利用してデータベースと連携できる。
○ Java 7の各新機能を利用できる。
コース概要 【1日目】

○ 標準APIとは
 - 標準API
 - APIリファレンスの読み方

○ 標準APIの活用
 - 文字列
 - 日付
 - コレクション

【2日目】

○ 標準APIの活用(つづき)
 - コレクション(つづき)
 - ファイル入出力
 - マルチスレッド
 
【3日目】

○ データベース連携
 - JDBCとは
 - 検索・追加・更新・削除の実行
 - DAOパターン
 - 発展事項(PreparedStatement、トランザクション管理など)

○ 総合演習
 - データベースと連携したアプリケーションの開発
前提条件 ○ 「Javaプログラミング1 オブジェクト指向の基礎」を受講済み、または同等の知識がある方。
関連コース
下位コース Javaプログラミング1 オブジェクト指向の基礎
上位コース Javaプログラミング3 サーブレットとJSP
日数 3日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 84,240円(本体価格: 78,000 円)
注意事項 *スケジュールにつきましてはお問い合わせください。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク