コース名 Androidセキュリティ
コースコード ADA014
対象 ○ Androidアプリケーション開発を行っている方。
○ Androidアプリケーションについて、より高度な内容を知りたい方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ Androidが抱えるセキュリティの問題点について理解する。
○ セキュアなAndroidアプリの開発手法について理解する。
○ アプリケーションレベルで対応できるセキュリティ対策について理解する。
コース概要 ○ Androidが抱えるセキュリティの問題(現状認識)
 - Androidの特徴
 - 保護すべき情報の範囲
 - ユーザー情報の保護
 - データの保護
 -アプリケーションの保護

○ Intentの保護(JSSECガイドライン)
 - Intentの構成要素
 - Intent利用時の注意
 - Intentのセキュリティ

○ パーミッションについて
 - パーミッションのレベル
 -パーミッションの偽装可能性
 -パーミッション保護ハンズオン
 -パーミッションが無いときの動作
 -シグネチャパーミッションの動作
 -保護の限界の説明

○ Androidのファイルアクセス許可
 - ファイルパーミッションの理解とセキュリティ上の留意点
 - ユーザIDとファイルアクセス
 - ファイルアクセス権限ハンズオン
 - ファイル共有
 - アプリケーションディレクトリ
 - 外部記憶装置  

○ プリファレンス・データベースに関するセキュリティ上の留意点
 - ファイルの保護
 - 暗号化について

○ アプリケーションの保護
 - APKファイルの構造とセキュリティ上の留意点
 - APKファイルの構造
 - リソースファイル
 - インストールディレクトリ
 - APKファイルの取得(抜き出し方法)
 - APK抜き出しハンズオン 

○ その他話題
 - 脆弱性ニュース
 - 主要コンポーネント使用時のポイント
 - データベース、ファイル使用時のポイント
 - 脆弱性を作り込まないために
前提条件 ○ Javaプログラミング知識が有る方。
○ Androidアプリケーション開発の知識が有る方。
関連コース
下位コース Android開発上級
上位コース
日数 2日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 90,720円(本体価格: 84,000 円)
注意事項 *スケジュールにつきましてはお問い合わせください。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
*教材監修は「タオソフトウェア株式会社」です。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク