この研修では基礎的なAndroidアプリケーションの開発手法を習得された方を対象に、Eclipseを利用してAndroidのさまざまなViewやハードウェア機能、ダイアログや通知領域の利用、GooglePlayへの出品手順など、より実際的なアプリケーションを作成するための内容をご紹介していきます。
コース名 Android開発中級
コースコード ADA012
対象 ○ Androidアプリケーションの機能の実装の仕方について知りたい方。
○ Androidアプリケーション作成経験があり、弊社初級講座以外の機能の詳細を知りたい方。
ITSS職種・
レベル
目的 ○ カスタムListViewや設定画面、通知領域などの画面を作成することができるようになる。
○ Android端末特有のハードウェア機能(センサーやカメラ、アラーム、GPSなど)を利用することができるようになる。
○ GooglePlayにアプリケーションを配布することができるようになる。
コース概要 【1日目】

○カスタムListView

○Webページの表示
 - WebViewクラスの利用

○通知領域の利用
 - Notificationクラスの利用

○設定画面の作成

○演習課題
 - 各章の内容を扱った演習をご用意しています

【2日目】

○ハードウェア機能の利用
 - センサーやカメラ、アラームの利用

○マニフェストファイルの基本

○エミュレータ(AVD)設定の詳細

○日付ダイアログと時刻ダイアログの利用

○アプリケーションの配布
 - GooglePlayへのアプリケーション登録

○演習課題
 - 各章の内容を扱った演習をご用意しています

○総合演習
 - 1日目~2日目で学んだ内容を活用したアプリケーションを作成します。
前提条件 ○ Androidアプリケーションの基本的なコーディング(Activity、レイアウト、インテントを使った画面遷移など)ができる方。
○ Android開発 初級をご受講済みの方、または同等の知識をお持ちの方。
関連コース
下位コース Android開発初級
上位コース Android開発上級
日数 2日間
研修時間 9:30~17:00
受講料 75,600円(本体価格: 70,000 円)
注意事項 *受講料の( )内は税抜き本体価格です。
*研修時間の終了時刻はカリキュラムの進捗により、若干前後いたしますのでご了承ください。
スケジュール 会場 日程 日程を選択 お申し込み
このページの先頭に戻る
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.

CompTIA会員(Authorized Platinum Partner) /IBM認定トレーニング・プロバイダー(ATP) /Oracle認定教育センター/マイクロソフト認定ラーニングソリューションパートナー(CPLS) /Microsoft Official Training School(MOTS) /ITCプロフェッショナル特別認定用専門知識研修コース開催研修機関 /公益財団法人画像情報教育振興(CG-ARTS)協会書籍受注センター

  • JAMOTE CSLS
  • プライバシーマーク